Interview: 小林さん

【小林 新】トレンドが変化しても常に学び続ける

3月18日・インタビュー

こんにちは。

ミカエラと申します。奥多摩日本語学校の学生です。日本語を勉強しながら、ITインターンをしています。UIとグラフィックデザインに興味があります。これは小林新さんとのインタビュー記事です。

プロフィール:小林 新 (こばやし あらた )

小林さんは現在GIG Inc.のアートディレクターです。UI・UXデザイナー兼ユニットマネージャーとして働いています。

私はデザイナーになりたいので、小林さんとのインタビューから、デザインのやり方とデザイナーの考え方を学ぶのは素晴らしい機会だったと思っています。小林さんのUI・UXデザイン業界での経歴についてもお聞きしました。小林さんは、変化するトレンドに適応するためのさまざまな方法を持っています。このインタビューを通して、小林さんのトレンドの変化への適応の仕方を発見しました。

小林さんのUI・UXデザインの方法と変化するトレンドに対する思いを伺いました。

UI・UXデザイナーになったきっかけ

「自分の強みとしては考えて、考えてデザインをするところ」

—– 小林さんがUI・UXデザイナーになったきっかけは何ですか。

両親が二人ともデザイナーだったんですね。父親がカーデザイナーで、母親がグラフィックのデザインをやっていて。日頃から、家の中にデザインブックなどがあって、芸術関連のものに触れる機会が多かったんです。そういった中で、自然とそういったものに引き寄せられ、美術大学に行きました。

武蔵野美術大学に行きましたが、入ったのは映像学科でした。当時は映画監督になりたくて、映像の演出を学びたかったんですね。だけど映画を作るのって、人とうまくチームワークを作ってやらないとできないし、当時は人とのコミュニケーションがそこまで得意じゃなかったので、なかなか上手くいきませんでした 。

いったん美術大学を卒業した後、自分がすごい小さい ころからMacを使っていて、改めて自分の手一つでできるデジタルのデザインがやりたいなと思って、 ウェブデザイン業界にいくことになりました。

デザインに対する憧れがあったんでしょうね。ものづくりがしたいという中で、自分の強みはとにかく考えてモノを作ることだし、それを一番活かせるのはデザインだと思い、そういった経緯でUI・UXデザイナーに今落ち着いています。

小林さんの仕事について

デザイナー・アートディレクター・マネージャー

—– 会社の名前の読み方は何ですか。

読み方は「ギグ」です。由来の一つに、ギグエコノミーというデジタル世代の新しい働き方があります。うちの会社も、社員からフリーランスまで、様々な働き方の人が関わりながらプロジェクトを進めています。

—– UI・UXデザイナーとして、GIGでどんな仕事していますか。

今まで様々な仕事に関わってきました。デザインもコーディングも映像も。ただ、途中から、やはりデザインに没頭したいというタイミングがあり、仕事で、ある程度デザインを鍛えた後、GIGにはアートディレクターとして入社しました。こちらではデザイナーとアートディレクターを両方やっていて、日々手を動かしてデザインを作りながら、かつアートディレクターとして、デザイナー、そしてディレクターなど他の職種を含めたチームまとめるマネージャーもやっています。かつそのチームのメンバーの方々が、どうやったら自分らしく成長できるか、というような教育や環境作りにも関わっていたりもしますね。

やっているデザインとしては様々なタイプがあります。例えばWebといっても様々で、コーポレートサイトや採用サイト、アプリのデザインもやりましたし、デザインの仕事であればまずは相談して欲しいという形でやっています。

GIG Inc.のウェブサイト:https://giginc.co.jp

小林さんのデザインの方法について

納得できるクオリティ:ゴールを考えて

—– 以前、小林さんの記事を読んでいたら「納得できるクオリティ」という話をしていました。小林さんにとって、「納得できるクオリティ」は何ですか。

「納得できるクオリティ」を考えたときに、様々な指標があるかなと思っていて、そのプロジェクトごとに果たすべきゴールやクオリティってのは変わるかなって思っています。例えば、ものによっては「綺麗なロゴを作る」というゴールもあるかもしれません。だけど基本的にはやっぱりそのお客さんの仕事を受けてデザインをしているので、まずそのお客さんが求めているものをヒアリングして、「この方達はどういったデザインを求めているのか」というのを、コミュニケーションを重ねながら、徐々に具体化していきます。なので「納得できるクオリティ」というのは、相手、そして作るもの、求められるものによって大きく様々な形に変化します。

また、言われたことだけを受け取ってそのゴールを決めるのではなく、我々の想像、仮説、調査をもって新しい指標を提案することも意識しています。

—– クライアントと一週間に何回相談しますか。

回数に決まりはなく、効率的にお互いが納得するものを作るために必要なタイミングでコミュニケーションをとっています。プロジェクトによっては1ヶ月というスパンをかけて議論を重ねることもありますね。デザイナーも万能ではなく、具体的なイメージが湧くまでの整理をしないと進められませんので、その段階に進むためのステップを踏んでいきます。

—– デザインのフェーズが完了したら、その後はどのように進めますか。

GIGの場合だと、社内にフロントエンドやバックエンドも在籍しているので、基本的にはその後も同じチームの中で次の工程に進んでいきます。われわれの特徴としては、プロジェクトの初期段階から全チームメンバーが参加し、要所要所で議論を重ねて、自分の担当部分が終わった後もお互いを積極的にサポートするところでしょうか。

現在のデザイントレンド

—– 現在のデザイントレンドにどのように対応していますか。

トレンドはフォローはしますが、囚われないようにはしています。理解しておくべきだと思ってるんですけども、何か仕事があった時に、トレンドに沿うかどうかはまた別の話だと思うんです。信頼しているデザイナーの言っていることや、日々リリースされるプロダクトは追ってはいるんですけども、追い過ぎて自分の考える力が失われないようには注意しています。

デザイナーへのアドバイス

「マインド、スキル、あとはやっぱり常にStudyすること」

—– 小林さんにとって、良いUI・UXデザイナーはどのような資質を持つべきですか。

前提として、UI・UXデザイナーに求められることは最近多すぎるというか、例えば、UIもできて、UXデザインもしっかり理解し、実行できるという人は実は少ないと思います。そういったように手広くできるということも大事ですが、基本的には思いやりがあることだと思うんですね。誰かが困っていて、それを解決するためにモノづくりをする立場であるなら、そこに思いやりとか情熱がないと続かないし信頼も得られないでしょう。そして、研究熱心かどうかはすごく大事だと思います。

センスとかスキルとかはもちろんあった方がいいんですけれども、そのマインドがないとセンスもスキルもついてこない。まずはそこだと思っています。マインド、スキル、あとはやっぱり常にStudyすること。トレンドも日々変わっていってしまうので、それに負けないようにずっと勉強していくっていうのはどんなデザイナーにも求められると思います。

やりたいことは選んだほうがいい

—– UI・UXデザイナーになりたいと思っている人に何かアドバイスがありますか。

UI・UXという言葉はクールに聞こえるかもしれませんが、それに囚われずシンプルに自分のやりたいデザインは何か?という問いを持つべきです。プロダクトや空間、建築、デザイナーができることは様々ですから。その上で、本当にUIデザイナーになりたい、というのであればその道に突き進めば良いと思います。

そしてその道を選んだ後も、UIやUXの世界には、また無数の選択肢が待っているので、常に心を開いてあらゆる可能性を考えるようにして欲しいと思います。

インタビューを終えて・・・

インタビューの前に、私は少し緊張しました。「この会社はどんなところなの?」とか「小林さんはどんな人かな?」と思いました。でも、会社に着いた時に、GIGの方が暖かく迎えてくださったので、緊張はなくなって、ワクワクし始めました。GIGのオフィスは、私がいつもいるBIT(奥多摩日本語学校)の開発オフィスと同じ雰囲気がありますから、もっと居心地が良い感じになりました。

インタビューの後、小林さんとフリートークしました。トークのトピックはインタビューのときよりもっとカジュアルになりました。私は林さんに、「どこからデザインのインスピレーションを得ますか」と聞きました。小林さんによると、インスピレーションはSFからだそうです。私もSFに興味がありますから、「あー、すごいな」と思いました。やっぱりSFはテクノロジーと想像の世界です。だから、インスピレーションがもらえるんだと思いました。

小林さんのおかげで、このインタビュープロジェクトはとても楽しい経験になりました。

小林さん、ありがとうございました!

Micaela Delmonte

奥多摩日本語学校の留学生
Qiita: delmontemica
Facebook: eladelmonte